フリーランスの人でもローン審査に通る?

  • フリーランスに向く人、向かない人

    • 自由に時間を使って、会社に縛られずに仕事する。

      フリーランスにそんなイメージを持っている人も多いでしょう。


      でも、フリーというのは全ての責任を自分で持って仕事をする人。


      フリーランスには向いている人と向いていない人がいます。


      ●時間にルーズな人は無理フリーランスで一番大事なのは時間管理。

      1人で仕事をする。

      といっても、クライアントから仕事を貰えば打ち合わせやプレゼン、納期管理など、自分で時間をコントロールして仕事をしなくてはいけません。

      なんとなく昼間寝て、夜中に仕事してもOK。

      とか、平日遊びに行くのも有り。とか思うかもしれませんが、納期が守れず、通常企業が営業している時間に連絡が取れないフリーはよほど突き抜けた才能でもない限り、仕事がこなくなります。



      ●コミュニケーション能力が必要フリーの仕事は大抵知人の紹介から始まります。



      ひとつの仕事で信頼を得て、成果をあげればその仕事で知り合った人が別の仕事に誘ってくれたり、紹介してくれたり。



      と、仕事ぶりを知っている人との繋がりで仕事が増えていくことが多いのです。
      無理して営業的に繋がろうとする必要はないですが、コミュニケーション能力がないと仕事の広がりは望めません。


      ●健康第一おろそかにしがちですが、代わりになる人間がいません。


      風邪で熱が出たので納期が遅れた。
      なんてことも通じません。体調管理に万全を期し、仕事に影響を与えないように自己管理できる人、またはとても元気で頑丈な人に向いています。また、体だけでなく精神的にもタフである必要があります。


      仕事がなくていちいち心配になっていては心が持ちません。
      心配性な人には向いていません。

      ●自己主張できる人クライアントから「無理なこと」を依頼されるのもよくある話。
      それを受けて売上げを作る人もいますが、無理なことは無理とはっきり主張できないと損な役回りばかりをやることに。
      自己主張や交渉ができる事も大事です。

top