フリーランスの人でもローン審査に通る?

  • フリーランスに必要な名刺の記載事項

    • フリーランスで仕事を始めるときに、自分の仕事を知ってもらうためにも名刺は必要なものです。


      では、この名刺にどんなことを記載しておくべきでしょうか。

      会社員であれば、会社の名が初めに目に留まるはずです。
      フリーランスであれば、屋号というものがあります。

      これは平たくいうと店の名前です。


      屋号は必ず付けなければいけないものではありません。
      税務署に開業届けを出す場合にも屋号欄がありますが、無いときには無理をして記入することなく空欄で大丈夫です。

      ですが屋号を付けることで、仕事に対する姿勢が真剣であると信用を勝ち取る条件にもなり得ます。


      屋号を付ける場合、事業者である人が何を提供しているのか、ひと目で分かる名を付けて置くことをおすすめします。



      またあえて難しい漢字は使わずに、日頃良く使うような覚え易い文字や漢字を使いましょう。



      自分の立場を表わす肩書きには、さて何を書けば良いのか迷ってしまいます。

      もしも名刺に先程の屋号を入れたのなら、肩書きは代表とします。

      屋号がなければ提供する専門知識や技術などの職種を行う、個人事業者であることを記載します。
      名前は世間で通っているペンネームを使ったり、女性であれば旧姓を使うこともあります。
      本名やペンネーム等のどれを使うかは、個人の自由裁量とされるのでそのときの状態に合った使い方をしてください。
      住所は信用を得る為には不可欠の要件ですが、自宅で仕事をするフリーランスの方は知られたくないと思われることも。
      そのような場合は、慎重に検討してからバーチャルオフィスの住所を利用することも可能です。



top